海外移住

【海外移住】海外生活はストレスフリーではない!現実を知っておく。

2023年5月3日

こんにちわ、サンタナです。

皆さんの海外生活のイメージはどのような感じですか?

「ビーチの近くで・・・」「オシャレなカフェで・・・」「新しい友達をつくって・・・」など

キラキラしたイメージをしている人が多いと思います。

しかし、住む国にもよりますが、そんなキラキラした世界がずっと続くわけではありません。

日本でのサービスのクオリティを当たり前になっていると、海外では驚くことばかりです。

食事に関しても同じことが言えるでしょう。

今回は、海外生活で起こるストレスについて解説していきます。

下記がわたしの経歴です。

  • 国内株式・貴金属投資歴13年
  • 語学留学歴あり
  • 暗号資産投資を始めてタイに居住

わたしの経歴

【海外移住】海外生活はストレスフリーではない

日本で生活している私達は、日頃から素晴らしいサービスとクオリティの高い商品、安心のアフターサービスが当たり前になっています。

しかし、海外で生活していると日常にそのような手厚いく心地よいサービスはなく、それを受けるには、日頃より高い金額を払う必要があります。

素晴らしいサービスを提供することや、受けることに慣れている私達日本人は、そのギャップに驚くことがしばしばあります。

しかし海外では、怒って罵声を浴びせクレームをしたところで問題は解決されず、ひどい場合は相手が電話に出なくなって、対応すらしてもらえない場合もあります。

このようなギャップに悲観せず、イライラしないためにも、日頃から日本で受けているサービスは特別だと思うことは大切になってきます。

ネットで買った商品が届かない(違うものが届く)

これは、今現在わたし自身のとても手の掛かる問題です。

わたしは現在タイに住んでおり、タイでのネット通販最大手「LAZADA」をよく利用します。

日本で言うところの「Amazon」です。

注文まではスムーズに完了するのですが、荷物が届きません。

注文の際に、正確な住所を記入していても届きません。

また、ドライバーと何度もやり取りをし、やっと届いたと思っても、2個注文しているのに1個しか入っていない。

販売者に連絡をして、もう1個を再送してもらうことに。

届いて中を開けてみると違う商品。w

このようなことが多々あり、本当に苦労しています。

お釣りを間違える(騙す)

海外では、計算ができない人たちは多くいます。

悪気はなく、ただお釣りを間違えてしまう事も頻繁にありますが、はじめから騙そうと少ないお釣りを渡してくる事もあります。

カードの場合も、わざと間違えた金額でカードをきられたりもします。

わたしもオーストラリアで、2ドルくらいの買い物をして、オーストラリアの銀行のデビッドカードを利用した時、12ドルでカードをきられてました。

その時は怪しいと思い、すぐにスマホで確認をして、間違えを指摘しに戻りました。

しかし、店主の態度は「あーあー。」くらいで、差額を当たり前のように現金で返金してきました。

食生活の違い

日本人の食生活は、完成度か高く、芸術にすら思えてくることがあります。

また、衛生面に関しても日本は本当に清潔だなと痛感します。

食事に関しては予想以上の味だと思うことはそうそうないです。w

外国語でのコミュニケーション

海外で生活していく上で、コミュニケーションのほとんどは外国語で行うことになります。

主に英語です。

そんな状況を楽しめるならいいのですが、億劫になってしまうとストレスを感じてしまいます。

まとめ

今回は、海外生活で感じるストレスの一部を紹介しましたが、その他にもストレスを感じてしまう状況はあります。

しかし、ストレスを感じてしまうかどうかは個人差があるので、ストレスを感じない自分であることが大切です。

海外にきてまで、イライラせずにのんびり過ごせる自分でいましょう。

では、また。

-海外移住
-