海外移住

【全て準備!】海外生活で必要になる支払い方法の種類を解説。

2023年6月6日

こんにちわ、サンタナです。

今回は、海外で生活する上で知っておかないと面倒なことになる『支払い方法』についてです。

知っておかないと、いざというときに、時間がかかってしまい面倒なことになりますよ。

海外に来てすぐに、そんな面倒なことは御免ですよね?

  • 銀行振込
  • WISE
  • Paypal
  • クレジットカード
  • ステーブルコイン

以上の選択肢をしっかり準備しておきましょう。

下記がわたしの経歴です。

  • 国内株式・貴金属投資歴13年
  • 語学留学歴あり
  • 暗号資産投資を始めてタイに居住

わたしの経歴

海外での支払い方法の種類を解説

海外で生活していると、賃貸契約や大型家電購入などの時の支払い方法を考えなければいけません。

多くの現金を持っていなかったり、ATM で現金をおろそうとしても、高い手数料に悩まされます。

相手側が支払い可能かにもよりますが、支払い方法の種類を知っておくことで、事前に準備ができ、実際の場面でスムーズに支払いを完了することができます。

では、支払いの選択肢を知っておきましょう。

銀行振込

まずは銀行振込です。

日本の銀行の自分の口座から、支払い先の相手の口座に振り込みます。

これは、グローバルな銀行間の取引 SWIFT を利用します。

しかし、SWIFTは高い手数料と送金に時間がかかってしまいます。

その日のうちに、振り込みを完了させることはできません。

WISE

参照 : WISE

次は、銀行振込を代行してくれるサービスの「WISE」です。

WISEは、自分が利用している銀行が土日祝日、振込作業を行なっている場合は、曜日関係なく振り込むことができます。

また、手数料も SWIFT で銀行振込をする場合よりも安く、時間帯によりますが、相手の口座への入金もすぐに完了します。

Paypal

参照 : Paypal

続いては「Paypal」です。

PayPal は、オンラインで商品やサービスを購入したり、友人や家族に送金したりできるオンライン決済サービスです。

PayPal を利用すると、クレジットカードやデビットカードの詳細を入力することなく、オンラインで簡単に支払いを行うことができます。

もちろんクレジットカード情報を入力して、クレジットカードでの支払いをすることもできます。

また、PayPal を利用すると、銀行口座から直接支払うことができます。

PayPal は、世界中で 3 億人以上のユーザーが利用しており、190 以上の国や地域で利用することができます。

PayPal を利用するざっくりしたメリットです。

  • クレジットカードやデビットカードの詳細を入力する必要がないので、安全にオンラインで支払いを行うことができます。
  • 銀行口座から直接支払うことができるので、クレジットカードを持っていなくてもオンラインで支払いを行うことができます。
  • 世界中で利用できるので、海外のオンラインショップでも支払いを行うことができます。
  • 送金や集金を行うことができるので、友人や家族にお金や商品を送ったり、ビジネスで支払いを受け付けたりすることができます。

PayPal を利用するには、PayPal のウェブサイトにアクセスしてアカウントを作成する必要があります。

アカウントを作成したら、クレジットカードやデビットカード、または銀行口座を登録することができます。

登録が完了したら、PayPal を利用したオンラインショッピングや送金、集金を行うことができます。

Paypal 公式サイト → https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal

クレジットカード

参照 : EPOS

1番一般的な「クレジットカード」での支払いです。

クレジットカードを持っていれば、ショッピングなどのある程度の支払いをすることができます。

また、クレジットカードを持っていると、現地の ATM からキャッシングで現地通貨を引き出すこともできます。

ローカルな店の場合、店側がカード会社に支払わなければいけない手数料分を請求してくる場合もあります。

クレジットカードは持っているだけで信用になります。

クレジットカードによっては持っているだけで、海外傷害保険がついているものもあります。

持つことが可能なら、持っておきましょう。

ステーブルコイン

最後は、ステーブルコインでの支払いです。

海外のネットショップを利用する場合、ステーブルコインでの支払いが可能なショップが増えてきました。

また、ブロックチェーンを利用した送金になるので、すぐに相手側に着金します。

これからを考えていくのであれば、必ず暗号通貨での選択肢を持っておく必要があります。

まとめ

今回は、海外での支払い方法について解説していきました。

  • 銀行振込
  • WISE
  • Paypal
  • クレジットカード
  • ステーブルコイン

以上の支払い方法を準備して、全てに対応できるようにしておきましょう。

では。

-海外移住
-